ご予約は0364555118
ご予約・ご相談 パンフレット・DMをお求めの方へ
menu

シミ・美白Whitening Treatments at Matsukura Clinic

松倉クリニックの「シミ・美白」治療とは?

年代を問わないお悩みのため、シミや美白は最も人気の高い治療です。
今回はそのシミ・美白の治療をご紹介します。

先ず、シミは診たてが重要
シミにはいろいろな種類があります。
素人目には見分けが難しいものもありますし、診たてを誤って治療すると却って濃くなってしまうことも。
たとえば、肝斑によく似たものにADMというアザの一種がありますが、肝斑はレーザーなどで濃くなってしまうのに対して、ADMはレーザーでないと治療できません。
先ずは医師に診断してもらいましょう。

主なシミの種類と治療法
老人性色素斑

シミの中でもっとも多い紫外線が原因のシミ。数㎜~数10㎜ほどの大きさの平らな比較的ハッキリしたシミ。治療にはIPLレチノイン酸プログラムQスイッチルビーレーザー、またはこれらの組み合わせがある。
肝斑

頬骨や鼻の下、額に左右対称にできる周囲との境目がハッキリしない薄い褐色のシミ。20~50代の幅広い年代の女性によく見られ、女性ホルモンが関係していると言われている。また、妊娠中やピルの服用中にも出現しやすくなる。
内服レチノイン酸プログラム肝斑専用のレーザーなどが治療の選択肢。
雀卵斑(ソバカス)

小さな斑点が鼻を中心に顔全体に散らばったように出るソバカス。遺伝的なもので、幼児期から出るのが普通。米粒大までの不規則な形で、色は淡褐色。成長とともに増えたり、紫外線の影響で濃くなることもある。
治療は老人性色素斑と同様で、IPLレチノイン酸プログラムQスイッチルビーレーザー、またはこれらの組み合わせがある。
遅発性両側性太田母斑(ADM)

額、目のまわり、頬などに生まれつきある茶褐色、青色のあざ。生後まもなく出現するものもあれば、20歳過ぎてからできるものもある。左右対称に表れるので、肝斑と思い込む人も多い。肝斑とは異なり、レーザーでの治療が必要。
脂漏性角化症

イボ状に盛り上がった状態のシミ。CO2レーザーで薄く削り取る。
炎症後色素沈着

ニキビや傷、かぶれなどによる炎症が治った後に生じる褐色のシミ。炎症が原因のため、年齢に関係なく、全身にもあらわれる可能性がある。
治療は状態にもよるが、レチノイン酸プログラム炎症を抑える薬の処方などが主。
もう一つ重要なのが肌タイプ
シミ治療に重要なのが肌タイプです。

ケガや虫刺されなどの痕がなかなか消えない、色素沈着を起こしやすい人はシミ治療が少々難しいタイプです。
遺伝的に決まっているので、問診により判定し、その後の治療に役立てます。
最も多いシミである老人性色素斑の治療には3つあります
1. Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーによるレーザー治療

【価格】
¥5,000+ショット数×¥1,000
(その他、テープやアフターケアに使用するレチノイン酸などの費用が別途必要)

【どのような治療か】
メラニン色素を持つ細胞だけを破壊するレーザーを照射する。
短時間で肌の奥まで光が届くため、深部にあるシミに有効。

【お勧めな点】
クリニックでの治療はあっという間である。
シミが一度でキレイに取れやすい。(取り切れない場合や、複数回治療が必要な場合もある)

【注意が必要な点】
クリニックでの治療はほんの数分だが(数や濃さによる)、その後2週間テープで保護、更にその後はレチノイン酸プログラムで皮膚の生まれ変わりをサポートするなど、アフターケアが非常に重要。

2. レチノイン酸プログラム

レチノイン酸+ハイドロキノンの外用薬治療

※レチノイン酸によって起こる赤みや、皮がボロボロに剥けるといった反応を緩和した、当院オリジナルのレチノイン酸(特許取得)を使用。

【価格】
スターターキット ¥34,800
(レチノイン酸、ハイドロキノン、専用の洗顔ジェル、トナー、保湿剤)

【どのような治療か】
昨今、レチノールの効果が見直されているが、レチノイン酸は医師の処方が必要な更に効き目が高い成分。
レチノイン酸の「皮膚や粘膜の代謝を正常化する」という働きが、不要なメラニンを排出し、今あるシミを改善、今後のシミもできにくくする。
美白剤であるハイドロキノンのクリームと混ぜて、1日1回洗顔後に塗るだけという至ってシンプルな治療。
皮膚の代謝異常によって起こるニキビにも優れた効果を発揮する。

【お勧めな点】
レチノイン酸治療は医師の診察が必要だが、処方されればあとは自宅で続けられ、前述の通り、至ってシンプルなケアなので、大方の女性にはいつものケアより寧ろ簡素になる。

【注意が必要な点】
肌の状態にもよるが3か月以上使い続ける必要があるのと、使い始めの一時期、肌に赤みや皮膚がポロポロと剥けるなどの反応が出る人がいることがあるのが難点と言えば難点。だが、それを乗り越えるだけの価値はある。

3. IPLまたは スーパーIPL

IPLまたはスーパーIPLによる照射治療

【価格】
IPL ¥20,000
スーパーIPL ¥30,000

【どのような治療か】
レーザーがピンポイントでシミを狙うのに対し、IPLは顔全体にフラッシュランプを照射する。
広い範囲の波長を照射するので、シミ、くすみ、ハリ、キメなどあらゆる肌悩みに対応できる。痛みやダウンタイムもほとんどなく、料金も手ごろなので、定期的な肌のメンテナンスにお勧め。
レーザーと違い一度でシミが消えるわけではないが、回数を経る毎に徐々に薄くなる。
一度の施術でもくすみが解消し、肌トーンがワンランク上がる。
1か月に一度の施術がお勧め。
IPLは肝斑を濃くする可能性があるため、肝斑がある人には肝斑を濃くする波長にフィルターをかけたスーパーIPLをお勧めしている。

【お勧めな点
レーザーと異なり、かさぶたができるなどダウンタイムがないため、エステ感覚で受けられる。施術後はメークも可。
シミやくすみなどの色味だけでなく、ハリが出、キメが細かくなるなど、全体的に肌の調子が上向く。

【注意が必要な点】
レーザーのような即効性はない。

以上の3つの治療がメインです。

医師やカウンセラーと相談して、これらの治療の中から一つを選択、または組み合わせて治療を開始します。
レーザーで目立つシミを先ず取ってしまい、その後はIPL/スーパーIPLまたはレチノイン酸とハイドロキノンの外用薬治療で薄いシミを徐々に改善する、逆に始めにレチノイン酸とハイドロキノンの外用薬治療またはIPL/スーパーIPLを受け、2週間テープを貼れるタイミングを見計らって残ったシミをレーザーで取るなど、ご希望や生活環境を考慮して決定します。

肝斑に普通のシミ(老人性色素斑)が重なっていてシミが濃く見える人などには、敢えて最初の1~2回IPLを使用し、その後改めて肝斑治療に取り組むこともあります。
(IPLは肝斑を濃くしてしまいます。)

その他にシミや美白でお薦めの治療です
1. 肝斑にはビタミンC、トラネキサム酸、ビタミンEを処方

家で薬を服むだけなので、誰でも続けやすい。
肝斑は1年の中でも時期により濃さが変化したり、再発したりするので、完治は難しいが、薬を服用して1~2カ月すると薄く目立たなくなる。
2. 肝斑トーニング

【価格】
¥30,000(全顔) 

肝斑はフェオメラニンという鉄と結びついたメラニンで、摩擦や刺激が加わると活性され、濃くなってしまうので、レーザーや光治療は通常は適さない。肝斑トーニングは肝斑に最適なパワー設定で照射を行える特殊なレーザー治療。
一度で消えるわけではなく、状態にもよるが、ある程度の回数は必要。
何か月も薬を服用するのが苦手だという人にはこちらが向いている。

(詳しくはこちら
3. グルタチオン点滴・注射

【価格】
点滴:¥18,000
注射:¥12,000

肝機能UPや最近「美白」で話題の”グルタチオン”を高濃度配合。
美容や疲労回復に欠かせないプラセンタや各種ビタミンもたっぷり含まれている。
点滴や注射は、消化管を通らないため、成分をダイレクトに確実に届けることができ、将来のシミを防いだり、美白を維持するのに有効。

(詳しくはこちら
4. メディカル栄養療法

【価格】
検査代 ¥20,000
カウンセリング料 ¥10,000(処方されたサプリメントを2つ以上購入すれば無料)

当院ではシミも「(シミは表層に現れた現象にすぎず)細胞が傷ついている」と考えている。
美しさは健康なしには成立しないので、「メディカル栄養療法」に基づき、栄養素の過不足を是正、土台から健全な状態にすることが、シミのない美しい肌にもつながる。先ずは自分を知り、からだの内側から整えておくことも将来的な予防として有効。

(詳しくはこちら
5. ケアシス

【価格】
¥15,000

エレクトロポレーション技術で皮膚内に通り道を作り、肌に有効な高濃度の美容成分を大量に肌の奥底まで届けられる。その浸透力はイオン導入の約20倍。
松倉クリニックでは、アンチエイジング効果の高い高濃度の「幹細胞培養液」(肌再生・修復)、「APPS」(一般的なビタミンCの約100倍の抗酸化力)、「ヒアルロン酸」をケアシスで導入。
ケアシスは、冷やしながら/温めながらの調整をしながら導入できるクライオ技術(45℃~-25℃まで調節可能)をエレクトロポレーションに組み合わせており、更に浸透力と、成分が長く留まる効果を高めている。
美白、保湿の効果を実感しやすく、即効性がある。

(詳しくはこちら
6. マッサージピール

【価格】
¥16,000

強力なピーリング作用のあるトリクロロ酸(TCA)と過酸化水素を極めて厳密なpH値で混合させることで実現した最新のピーリング治療。この2つの薬剤が細胞レベルで作用することで、安定した状態で強力なピーリング効果を発揮する。
マッサージピールで使用するPRX-T33という新しいタイプのピーリング剤は、トリクロロ酸(TCA)に過酸化水素を配合することによって、コラーゲン生成の促進等の肌にハリ・弾力を蘇らせるTCAのアンチエイジング効果(美肌効果)はそのままに、従来のようなトリクロロ酸を使ったピーリングに伴う術中の痛みや赤み等の不快な症状を取り除くことが可能となった。
また、ピーリングによる古い角質の除去だけでなく、コウジ酸配合によるワンランクアップした美白効果も発揮。

*マッサージピ―ルとケアシスを組み合わせると更に効果大。

(詳しくはこちら
7. ハイドラジェントル

【価格】
¥15,000

くすみを取るのに有効。
塗るのではなく、ピーリング剤を特殊な水流に混ぜて行う新しいピーリング治療。
AHA、BHAの2種類のピーリング剤を順番に水流に混ぜて噴射する。
同時に吸引も行うので、角質ケアにプラスして普段のお手入れでは取り切れない汚れを除去できる。

(詳しくはこちら
日焼け止め
クリニックでシミ治療は可能ですが、できればシミができないように予防を怠りなく習慣づけたいもの。

ただ、強力な日焼け止めを塗るより、先に抗酸化剤(ビタミンCなど)を塗って、その上に日焼け止めを塗ると「紫外線を遮断+紫外線によるダメージを緩和」が一度にでき理想的です。

お勧めは
ホワイズムCミスト

【価格】
150ml ¥8,000

健康で美しい素肌にとって欠かすことのできない美容成分と最新の超浸透型ビタミンCをはじめとする6種類のビタミンを高濃度でカクテルした美容液タイプのミストです。超浸透型ビタミン等の成分が角層のすみずみまで浸透し、紫外線などによるダメージでバランスを崩しがちな素肌にたっぷり潤いを補給し、ツヤがあり透明感のある素肌へと導きます。

(詳しくはこちら
ホワイト二ングUVクリーム SPF50+ PA++++

【価格】
30g ¥4,000

セルキュレイト ホワイトニングUVクリームはSPF50+、PA++++の最高値で肌を光老化から守ります。更に薬用成分のトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルが美白効果によって美肌に導きます。 また、紫外線にあたらないことによってビタミンDが不足するのを防ぐため、ビタミンDを配合しています。ビタミンDは骨の強化だけでなく、肌の基盤を整え、よい肌コンディションを保つのに有効です。

(詳しくはこちら

飲む日焼け止めも是非併せて!
1. ネオ・サンシェード

【価格】
30粒 ¥4,710

紫外線によるダメージを消去する抗酸化、抗炎症作用の成分ニュートロックスサン、レッドオレンジコンプレックスを高濃度で配合。

(詳しくはこちら
2. M’s supplement CB

【価格】
210粒 ¥8,500

基本的な栄養素だが、美白に最も重要なCにB群をプラス。ビタミンCやBのサプリメントとしては珍しいカプセル型で服みやすくなったと好評。

(詳しくはこちら

オススメ度

シミ★★★★★
美白(くすみ)★★★★★

施術の流れ

ご来院予約
まずは、お電話にて03-6455-5118までお気軽にお問合せ下さい。
カウンセリング
ドクターによるカウンセリング(肌状態チェック)
説明
カウンセラーが施術内容や料金について説明致します。(10~20分)
施術
予約状況により、ご希望の場合は当日治療を行います。
お会計
お会計と、次回のご来院日(必要に応じて)を調整します。
松倉クリニックの5つの約束
メディア掲載
ページトップへ戻る