ご予約は0354143600 受付は10:00から20:00
ご予約・ご相談 パンフレット・DMをお求めの方へ
menu

BLOGブログ

化粧品の効果ダウン!?受容体が減っちゃうハナシ

2017.08.07

こんにちは、田路です^^

化粧品の効果を最大限引き出すために、
セレブはライン使いを定期的に変えている・・・
なんて話、聞いたコトありません?

 

田路は、
保湿成分やビタミン・抗酸化物質など、
毎日体が必要とする成分なら続けて使いますが、
セルキュレイトシリーズはこれ!)

 

特殊な有効成分のものはお肌の調子に合わせ、
“必要な時に必要なものを必要なだけ”使う派です。

短期集中とか、時にはサイクルで。
毎日ダラダラ使わない・・・その方が反応いいの!

 


「有効成分」は、細胞に対する信号のようなもの。

信号物質が細胞の受容体にくっつくと、
それに応じた遺伝子のスイッチが入り、
遺伝子に応じた酵素が作られ、
結果的に組織にいろいろと変化が起きます。

化粧品に加えられている有効成分は、
こうやってお肌を元気よくするスイッチを押してるんですね!

 

ところが、
ずーっと強い信号が繰り返しやって来ると
もうクタクタだよ~って、
細胞が勝手に「受容体」を減らしてしまうことがあります・・・

 

これが受容体のダウンレギュレーション

 

たくさんの電話が鳴りっぱなしで全部取るの大変だから、
いくつか電話線を抜いてシャットアウト、みたいな(笑)

 

信号が信号たるには、
「ほどよい頻度」であることが大事です。
むやみに出してると、だんだん反応が鈍くなることがあるのね。

そして、しばらく信号を控えておくと、
また受容体の数が戻って来たりもします。

うまくできてるよね~✨

 

特別な「有効成分」の効果が落ちた?と感じたら、
違うものに一旦変えたり、
間をあけてみると、反応よくなるかも!

 

ちなみにこれ、サプリメントでも同じね。

毎日の栄養不足を補う“ベースサプリ”と、
特別な効果を期待する“オプショナルサプリ”では、
使い方に違いがあるんですよ✨

 

♡Taji♡

 

毎日使える定番人気の基礎化粧品♪
セルキュレイトシリーズ

 


松倉クリニックの5つの約束
メディア掲載
ページトップへ戻る