ご予約は0364555118 受付は10:00から20:00
ご予約・ご相談 パンフレット・DMをお求めの方へ
menu

BLOGブログ

筋トレ10分であくび→脂肪燃焼サイン

2018.06.09

こんにちは、田路です♪

忘年会で皆に宣言した通り、
スクワットは220ポンド(約100㎏)でやってます😉✨
膝周り、だいぶ締まってきた!

 

着替えて筋トレ20分+有酸素20-30分、
シャワーとサウナして滞在時間は1.5hr。
マシンからガンガン飛ばすスタイルですが…

 

10分くらいで、生あくび連発!
あ~今、血糖値下がってるのね~って分かる!!

 

これがね、夕飯を口にしてからだと、あくびが出ないのよ。
糖質が補充されてるからだね。
そして脂肪燃焼のタイミングは遅くなってるはず。

 

そう、体脂肪を効率よく燃やすには、ちょっぴりコツがいるの!

 

 

①血糖値低めの時間をつくる

食後4hrくらいで徐々に血糖値は低下。
ここで脂肪の分解がスムーズに回り始めれば、
脂肪からブドウ糖やケトン体がエネルギー源として作られて、
辛さを感じることなく活動を続けられます。

脳のエネルギー源はブドウ糖だけ!!なんて言われますが、
ケトン体はちゃんと脳でも使えるんですよ😉

 

ブドウ糖チャージしないと頭はたらかないよ!って人は、
糖質過多で代謝が乱れて、ビタミンやミネラルも不足していて、
ケトン体をうまく作れないんですね。(➡糖質依存

 

さて、運動をした場合も同じです。
はじめのうちは①クレアチンリン酸系や②ブドウ糖の解糖系でエネルギーを供給、
これが消費されて血糖値がさがると、徐々に③脂肪が燃料として使われるように。

やさしい生理学(南江堂)より改変

 

脂肪燃焼率が上がってくるのは、連続運動を10分くらいしてから!
なので最初に筋トレ、続いて有酸素運動するとムダが少ないのです♪

 

 

②日常で使う体幹や下肢を“鍛えて、使う”

筋肉が増えても、
基礎代謝(寝ているだけの場合の必要エネルギー)はほとんど変わりません。

でも、活動時に使われるエネルギーは増えるんですよね。
筋肉は燃料を“ムダづかい”する組織なので。

だからこそ、下手にダイエットをすると、
体は使われていない筋肉を真っ先に落とします。

 

そうならないようトレーニングで筋肉をキープor増やすと、
生活の中で効率よく脂肪を燃やせる体になるんですね✨

体幹筋群や下肢をしっかり整えて、
姿勢保持や家事などは、きちんと筋肉使ってキビキビと!

 

 

③代謝を上げる習慣を積極的に取り入れる

脂肪燃焼の大前提は、脂肪細胞周囲の“血流促進“
身体を温めるものを摂る、お風呂にゆっくり入る、マッサージ…
などなど、普段から積極的に取り入れたい!

もちろんスムーズな代謝には、
栄養やホルモンバランスが大きく影響するので、
合わせて整えておきたいね😉

 

 

そしてStyleMには代謝UPメニューが勢ぞろい!

 

皮膚すぐ下の脂肪やセルライトにはアポロ
もう少し深い皮下脂肪にはキャビテーション
腹部の皮下脂肪や骨盤内の代謝UPにヴァンキッシュ
内臓脂肪・深部の血流改善にサーマ

筋肉増やすにはEMS

 

豊富なマシンから選び放題♡
代謝促進やむくみ改善✨につながりますよ。

 

夏本番前にボディもお仕上げしときましょう♪

 

♡Taji♡

 

StyleM
メディカル栄養療法
ナチュラルホルモン療法


松倉クリニックの5つの約束
メディア掲載
ページトップへ戻る