ご予約は0364555118 受付は10:00から20:00
ご予約・ご相談 パンフレット・DMをお求めの方へ
menu

BLOGブログ

”ホルモン療法はがんになる?”都市伝説をやっつけろ!(前編)

2018.11.12

こんにちは、田路です^^

 

ナチュラルホルモン補充療法(NHRT)の話をすると、
必ずされるこの質問!

 

「ホルモン療法はがんになりやすいって本当ですか?」

 

そうですよね~、
そう思っちゃいますよね~💦

玉石混交の情報が溢れすぎていて、
調べれば調べるほど不安になるし😩

 

でもね、正解は

「NHRTは正しく行えば、
がん
そのものになりにくくなる」

じゃあどんな使い方が正しいの?

大事なポイントを、女性ホルモン補充を例にとってお話しします✨

 

 

①最低限の栄養バランスを整える

ホルモンだけガンガン入れても、その効果がちゃんと出るとは限りません。

ホルモンは標的細胞の受容体に結合し、
遺伝子を動かし必要なものを作ることで体に変化を起こします。

それに必要なミネラルやビタミン、適度な脂質や蛋白質が不足していると、うまく効果が現れません。

 

効果がないと、むやみにホルモン薬を増やすことにも繋がります。
ホルモンは多過ぎると副作用が出やすくなるので、過剰投与は避けたいところ!

そのために、最低限の栄養バランスは整えておきましょう。

 

②ナチュラルホルモンを適量使う

Bio-identicalでないホルモンは、本来のホルモンと効果や代謝が異なります。
身体にとって負担が少なく最も理にかなった作用を持つのは、
やっぱりナチュラルホルモン(=bio-identical hormone)の右に出るものなし!

だからといって、ホルモンは多けりゃいいってものではないので、
症状、個人差、年齢差などを考慮し、
その人にとっての適量を使うことも大切です。

 

③2つの女性ホルモンのバランスをとる

エストロゲンは、乳腺・子宮内膜の増殖を刺激します

“増殖”の刺激は、その組織のがん化と関連があるため、
エストロゲン投与=がん化しやすいと思われがちです。

これはある意味正しく、ある意味間違い。
(後編でもっと詳しく突っ込みます!)

けれどそもそもホルモン補充療法は、
低くなったホルモンを、適度なレベルに”戻す”もの。
本来の体が持つリスクを超えるわけではありません。

 

それに、エストロゲンは“ヒト最大の抗酸化物質”!
抗酸化物質はがんの発生を抑制し、さまざまな病気の予防に繋がります。

実際、エストロゲン投与によって、
心臓発作・大腸がん・骨粗鬆症の骨折リスクは低下し、
あらゆるがんを合わせた「全癌死」も減ります

 

一方プロゲステロンは、
エストロゲンで増殖した組織を、成熟・安定化します。

これは、がん化しにくくするということ。
エストロゲンの作用を、うまくカバーしています^^

つまりトータルで美と健康を考えると、
2つのホルモンをバランスよく補充することが、体にとって一番メリットがあるんですね。

 

④できれば他のホルモンも総合的に調整する

女性ホルモン以外のホルモンも、加齢とともに徐々に低下します。

抗酸化力が高く、睡眠の質を高めるメラトニン
“ヒーリングホルモン”の異名を持つ成長ホルモン

本来一緒に体を守っている他のホルモンも強化できれば、
より一層、美と健康を守ることができるんです。

 

⑤定期的な健診

ホルモン療法をしてもしなくても、病気の発生リスクは0ではありません。
安心して治療を継続していくためにも、がん健診などは定期的に受けておきましょう!

 

 

このようなポイントを押さえながら、

効果的で安全なNHRTを心がけています✨

 

保険診療との違いや、
どうしてがんを増やすと思われてしまったのか…

後編ではもう少し詳しくお話ししますね!

 

♡Taji♡

 

ナチュラルホルモン補充療法(NHRT)


松倉クリニックの5つの約束
メディア掲載
ページトップへ戻る