ご予約は0364555118 受付は10:00から20:00
ご予約・ご相談 パンフレット・DMをお求めの方へ
menu

BLOGブログ

糖質過多と糖化:糖化は老化!

2017.11.10

こんにちは、田路です^^

糖質過多シリーズ、前回は“糖質肌”についてでしたね。
お肌の老化につながりますよ!
というと、皆さんたいてい耳を傾けてくれます。

 

と・こ・ろ・が・・・

 

血管も骨も細胞も、
糖化によってどんどん老化してしまうって知ってました??

 

あまっている糖は、そこらへんの蛋白質にくっつきます。
そうすると、その蛋白質は劣化したり、働きが悪くなります。

 

これが「糖化」

 

お肌のコラーゲン(蛋白質の一種)に糖がくっつくと、
ツヤがなくなり黄ぐすみ起こしたり、
本来の弾力性が失われてたるみや毛穴に繋がりますね!

そう、私たちの言う“糖質肌”です。

 

お肌以外にも、体中に蛋白質はあって、

大切な生命活動を行っています。

 

血管の壁にも、関節や骨にも、細胞の壁にも蛋白質。
ホルモンなどの信号物質を受け取る受容体蛋白も、
代謝を行う酵素も蛋白質。
これが糖化すれば、代謝が落ちたり、エラーが増えたりします。

 

そうやってひとつひとつの細胞の機能が落ちれば、
臓器も、はたらきが悪くなってしまいますね!

 

血糖が高いと言えば、“国民病”とも言える糖尿病
いろんな臓器に合併症が起きるのは、全身あらゆるところで糖化が進むためです。

 

 

そう、「糖化は老化」
わかりやすいでしょ😉

 

糖質過多は、
肥満インスリン抵抗性を通じて、
食後高血糖・高血圧・脂質異常症・・・

つまり、

メタボリック症候群のベースとなります。

さまざまに入り組んだ悪循環の始まりです。
この段階ではまだ、生活習慣改善で戻れますが、
ここから先に進んだ場合・・・

組織もどんどん変化してしまい、非常に戻りにくくなっちゃうんですね!

 

メタボリック・ドミノ(国立循環器病センター)より改変

 

無症状のまま、突然発症して一発アウトになる、
サイレント・キラー(静かなる殺し屋)と呼ばれる病気にもなりますし、
前にちょっとご紹介した、不妊にも繋がってしまいます。

 

 

だから症状がなくても、早くから治していきましょう!

 

クリニックで口を酸っぱくして、
糖質制限!!!
と指導するのは、こんなワケなのです😉✨

 

♡Taji♡

 

メディカル栄養療法
ファイバー
インスリンコントロール

 


松倉クリニックの5つの約束
メディア掲載
ページトップへ戻る