ご予約は0364555118 受付は10:00から20:00
ご予約・ご相談 パンフレット・DMをお求めの方へ
menu

BLOGブログ

運動のアンチエイジング効果

2017.11.24

こんにちは、田路です✨

週2-3のジム通いを習慣にしてからというもの、
顔がすっきり…むくみにくくなって嬉しい!

日常動作でもきびきび安定して動き回れるので、
毎日気持ちよく快適・爽快です。

 

汗かくの大キライ😓

だったのに!!

 

「適度な運動」のアンチエイジング効果、
実は絶大なんですよ♪

 

 

①筋肉・骨などの維持強化

運動刺激がないと、
筋肉は20代をピークに年1パーセントずつ減ってしまいます

特に歩行に必要な下肢の筋肉が減りやすいのです。
つまり運動しなかったら、確実に歩行機能は低下しちゃうの!

また、このとき瞬発力を持つ速筋から減りやすいんですね。
歳をとると、動作がスローになるのはそのため。
今からきびきび動くクセをつけて、
若々しい動きをキープしたいね✨

 

②ホルモン系へのよい作用

運動刺激が入ると、筋骨格系を育てるホルモンが放出されます。

●IGF-1(成長ホルモン)/テストステロンによる筋肥大・骨量UP
●IGF-1/テストステロンによる肌や血管など組織の質改善
●リズム運動によるセロトニン(幸せホルモン)UP

お肌や髪がつやつやしている方は、
正しい栄養と正しい運動
を実践されていることが多いの!

ホルモンに反応するための、
細胞レベルの土台がしっかりしているってことね^^

 

③病気の予防、健康長寿

運動は週1回でも、軽いものでも、
健康長寿にプラスだということが分かっています。
筋肉量が増えるとさまざまな代謝が改善(特に糖代謝!)。

海外の研究ですが、死亡率は週1の運動だけで30%減
3回以上に至っては、35%減です。
やらないよりはちょっとでもやる方がいい!

ウォーキングやサイクリングなど軽いものは数回or長めに、
筋トレやランニングなどは週1でもOK♡

 

 

あぁ、我ながら耳が痛い…。
運動をサボってた、この数年が悔やまれます!!

 

さて…適切な運動量とは?

「50-60%の強度で20-60分、週3回」

 

これにより各種生活習慣病などは減少しますが、
これを超えると、活性酸素の発生増加や免疫低下が起こり、
かえって病気が増えてしまいます。
(実際、スポーツ選手は短命な方も多いですよね…)

毎日の運動、負荷の高い運動をされる方は、
より食事に意識を払い、適切なサプリメント補助が必要。

また、体内の抗酸化力・修復力が弱い状態での運動は、
むしろからだに悪いので注意してね!

 

これから運動を始める…という方は、
基本チェックとして✨メディカル栄養検査✨を。
その人に足りないものをピンポイントで補充して、
効果を上げるように調整できます!

 

運動が体に負担にならないよう、
ゆがみを正しい位置に戻し、心肺機能や神経系を整えるには、
Style Mのインナーリセットシェイプもオススメですよ✨

 

♡Taji♡

 
メディカル栄養検査
サプリメント
インナーリセットシェイプ


松倉クリニックの5つの約束
メディア掲載
ページトップへ戻る